映像の撮影、編集で関わった大見新村のニューまつりの記録映像が京都芸術センターの「逡巡のための風景」で展示されました。